京都三条ボンズカフェでは 生放送時にUstreamを配信しております。

ラジオカフェUstream

番組では曲のリクエストや 「和尚さん聞いて〜」、ご意見、ご感想、など お待ちしております。

3月のテーマは
「いま一番心配なこと」です。

宛先は
E-mail info@radiocafe.co.jp
fax:075-253-6901

までお寄せください。

沢山のお便りお待ちしております。

2012年03月13日

久々にワゴンズが登場! 3月24日活動休止ワンマンライブ開催!

画像 387.jpg
京都三条ボンズカフェ
2012年3月13日火曜日放送分
パーソナリティ:梶田 真章和尚(法然院貫主)
杉若 恵亮和尚(法華寺住職)
アシスタント:岡舞
ゲスト:梶本浩司さん・斎藤慶司さん(ワゴンズ)

先日3月11日に杉若和尚、島田ミキサー、私ディレクター村山の3人は
東日本大震災で被害を受けた宮城県亘理郡山元町へ行ってきました。
1年が経った今でもまだまだ復興はしておらず、息の長い継続的な支援が必要だと深く感じました。
京都三条ボンズカフェ、一日でも早く復興することを祈っています。



番組のオープニングでは宮城県亘理郡山元町で行った
「東日本大震災一周忌〜鎮魂と復興の祈りライブ&ワークショップ」
についてご報告させて頂いております。

今週は舞ちゃんのコーナー!
「岡舞のどうのこうのと〜」

今回は友達の会社の後輩の事でお悩みを舞ちゃんが代弁します!

やたらと休むという後輩は、コンビニで倒れて救急車で運ばれただの、
元彼に殴られただの、バイクでこけただの、怪我をしても翌日には
無傷で現れる後輩が舞ちゃんの“友達”の元にいるそうなんです。

この後輩にはどうしていったら良いのでしょうか?
表面的には真面目で「すみませんすみません」という人らしいのですが
同じ職場だとその人の本性が分かってくるものです。

誰かが厳しく怒るべきか、我慢をしていくべきか、
しょうがないものなのでしょうか?

やはり辞めてもらうべきでしょうか?

舞ちゃんの“友達”頑張ってください!

そして!!!
「それぞれの人生に学びあり」
こちらのコーナーは多彩なゲスト様をお迎えして、
その活動から人生を学ばせて頂こうというコーナーです。

今週のゲスト様は
ワゴンズから
梶本浩司さん、斎藤慶司さんにお越し頂きました。


実は3月24日で活動休止することになったワゴンズ。

仲が悪くなったとか、音楽性の違いなどそういう訳ではなく、
今でもめちゃくちゃ仲が良いワゴンズ。

では何故活動休止をされるのか?

幾度のメンバーチェンジを経て今ワゴンズとなり
ベストメンバーだからこそベストの状態で活動をしていきたい、
一生ワゴンズをやって行きたいが為の前向きな活動休止と語って頂きました。

梶本さんはソロとして、斎藤さんはサポートドラマーとして幅広く活動され
今回お越し頂けなかった北村さんは他のバンドのベーシストとして
これからも音楽活動を続けていかれるとのこと。

決してこれで終わりではない、終わらないワゴンズの思いが
ひしひしと伝わる放送となりました。

番組中にはワンマンライブの際に来場者プレゼントされる音源も
流して頂きましたのでお聞き逃しなく!!!

ワンマンライブは相当の混雑が予想されますので
お早めにチケットをお申し込みくださいね!

ワンマンライブの詳細はこちら
■ワゴンズ活動休止ワンマンライブ
「終わりだけど、終わりじゃない」
3/24(土)
京都VOXhall
open 18:00 start 19:00
前売り:2500円 当日:3000円(スペシャルCD付)
guest musician:林幸司(Gt)・杉本徹(Key)
来場者全員に「ゼロの夕暮れ」「ロック ロコモーション」収録スペシャルCD付。


ワゴンズofficial website
http://wagons.jp/

---------------------------

生放送時にはUstreamも配信しております。
ラジオカフェUstream

facebookボンズカフェページ

番組では曲のリクエストや
「和尚さん聞いて〜」、ご意見、ご感想、など
お待ちしております。

3月のテーマは
「いま一番心配なこと」です。

宛先は
E-mail info@radiocafe.co.jp
fax:075-253-6901

までお寄せください。
posted by ボンズカフェ at 00:00| Comment(0) | 放送音源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

グリーフケアとは?3月11日に向け東北へ〜

画像 385.jpg
京都三条ボンズカフェ
2012年3月6日火曜日放送分
パーソナリティ:梶田 真章和尚(法然院貫主)
杉若 恵亮和尚(法華寺住職)
アシスタント:高橋志保
ゲスト:市木一則さん(NPOケイアフェクション代表 日本グリーフケア・アドバイザー)

3月に入りだんだんと暖かい日が続いて来ましたね。
今年はいつ頃桜が開花するのでしょうか?
京都三条ボンズカフェ、今月は一回も聴き逃せませんよ!



まずはこちらのコーナー!
「恵亮和尚のもっと見たいからまだまだシネマ選!!!」

今回は
「モノクロ・サイレント映画」について熱く語っておられます!

最近では3Dも当たり前になってきておりますが
昔のモノクロ・サイレント映画だからこその良さがあります。

ちなみにカラーテレビが世に出てきた当時は
プロレスの試合で血が流れるのを見て
亡くなられた方もおられたそうです。

チャップリン主演の「独裁者」や黒澤映画など、あえてモノクロ映画として作られた
「シンドラーのリスト」や「ランブルフィッシュ」の良さとは?

今までちょっと敬遠がちだった方は是非ご覧になってくださいね!

そして!!!
「それぞれの人生に学びあり」
こちらのコーナーは多彩なゲスト様をお迎えして、
その活動から人生を学ばせて頂こうというコーナーです。

今週のゲスト様は
NPOケイアフェクション代表 日本グリーフケア・アドバイザーの市木一則さんにお越し頂きました。

グリーフケアとは悲しみや苦しみ、死別、
生き別れ、生活上での不安などを和らげる事を意味し
市木さんは日本グリーフケア・アドバイザーとして活動されています。

かつてはエンターテイメントパークの
ディズニーランドやUSJに関わるお仕事をされており
バリバリのビジネスマンとして活動されていたそうなんです!

昔はソフトモヒカンではなく髪を下ろしていておでこは決して見せなかったそうです笑

ビジネスマンからグリーフケアに関わるきっかけは10年前に妹さん家族を交通事故で
亡くされたことからご自身が鬱になった事で全国にも悲しんでいる方が
沢山居ると気付かれこの道に進んだと話されていました。

今悩んでいる方や、自分の周りで苦しんでいる方は少しでも
気になった時には市木さんにご相談下さい。

ケイアフェクション
〒 603-8242
住所 京都府京都市北区紫野上野町40
TEL:075-200-2516
FAX:075-200-2517
E-mail k-ichiki@m7.dion.ne.jp

日本グリーフケア協会

先週番組でもご紹介させて頂いた
「東日本大震災一周忌〜鎮魂と復興の祈りライブ&ワークショップ」に
市木さんも参加され「関西のたこ焼き体験コーナー」を担当されます。

---------------------------

生放送時にはUstreamも配信しております。
ラジオカフェUstream

facebookボンズカフェページ

番組では曲のリクエストや
「和尚さん聞いて〜」、ご意見、ご感想、など
お待ちしております。

3月のテーマは
「いま一番心配なこと」です。

宛先は
E-mail info@radiocafe.co.jp
fax:075-253-6901

までお寄せください。
posted by ボンズカフェ at 00:00| Comment(0) | 放送音源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

東北地方太平洋沖地震が起きまもなく一年、今思うこと。

画像 376.jpg
京都三条ボンズカフェ
2012年2月28日火曜日放送分
パーソナリティ:梶田 真章和尚(法然院貫主)
杉若 恵亮和尚(法華寺住職)
アシスタント:松村紗和子・高橋志保
ゲスト:ラジオカフェへお越し頂いた皆さま

今月は特別企画として昨年3月11日に大地震が起きまもなく1年という事で
「今思うこと」をテーマにラジオカフェ店舗から生放送でお送りしました。
京都三条ボンズカフェ、改めて震災を見つめ直す放送となっております。



20時半より開始の特別企画は私、村山による進行で行いました。

過去のゲスト様にもご参加頂き、実際に被災地に行った際の経験や現状を発表しながら
梶田和尚、杉若和尚のご意見などお話して頂いております。

お客さまにお配りしたアンケートで
沢山のご意見を頂きましたので幾つかご紹介致します。

1.「東日本大震災が起き自分の身の周りで起こった変化はありますか?」

●実家が計画停電に合いエネルギーの使い方について考えさせられた。

●防災の意識の高まりを感じたり支援者にたくさん出会うようになったが具体的な変化は少ないように思う。

●原発に対する考え方の変化。様々な情報との距離感の変化。

●タバコの品切れが目立った。

●地震に対する備えが前より増えた。(気持ちの面で)

●国産食品よりも輸入食品に魅かれるようになった。

2.放射能汚染による問題、瓦礫撤去などについてどのようにお考えですか?

●正直、複雑な気持ちです。まずは日々の生活の中で色んな事に置いて自分が選択し恐れすぎずに安定した心で過ごす。瓦礫撤去については正確な方針をきちんとinfomationしてほしい。

●国の言っている事が信じられない。とにかく福島の子どもを早く遠くへ避難させて方がいい。

●両方ともとまどっています。賛否の情報のどちらを信じようか考えているところです。

●瓦礫撤去は敏感になってしまうのもわかるがどこかが受け入れないといけないと思う。

●被災者の方の意見を最優先しているのかどうか気になる。

●正直言ってノープランです。選択肢の提示がメディア等で不足していると思います。

●除染は本当に可能なのか疑問。

3.大地震が起きまもなく1年が経とうとする中、問題は山済みですが一番心配なことは何ですか?

●放射能汚染によって今後予想される、様々な差別。

●皆が忘れてしまう事。

●子ども達、雇用

●メルトダウンを中心とする新たな社会問題の影響

●被災された方々の心の問題、どのようにケアしていくのか。

●私は東京に住んでいますが少なからず放射能の影響はると思うのでいつか子どもを産むのが不安です。

4.テレビやインターネットなどで報じられる情報に対してのご意見

●一部の人にスポットをあて、ドラマのように作られた話になるのはどうなのか疑問を感じる。感動物語ではなく正しい情報が知りたい。

●テレビではほとんど情報がない。自分で調べたり意識の高い人から話を聞くしかない。

●多くの情報に惑わされること。何が真実なのかが、どんどん曖昧になる。ちゃんと信じられる事を自分で選ぶ責任があると思う。

●大手メディアとそれ以外の情報の違いや温度差。

●メディアの力は大きい。良いようにも、悪いようにも。それが全てではないと忘れてはいけない気がする。

●最近震災に関する情報が減ってきている気がする。

●報じられているのは全てではなく一部の事実であるということ。

●多角的な情報収集力が問われる時代だと感じます。

●確かな情報も不確かな情報も勉強になっている。

5.ご意見、ご質問、ご自身が復興支援に携わられてきた事など教えてください。

●被災者の自立につながる支援があれば教えて欲しい。

●友人がボランティアで家の泥を外に出す作業を行ってきたが1日で出来る作業の少なさに打ちのめされていた。日本人全体で支援をしなければと思いつつも寄付をしただけです。

●募金活動や、節電、節水

●昨年4月にボランティアに行き現地に行って分かること、行ったからこそようやく大地震が現実になった気がします。

-------------------------

アンケートにお答えして頂いた皆様、ありがとうございました。

今回ラジオカフェ店舗で行った意見交換だけでもこれだけ多くのご意見や経験を聞くことができました。
個々の思いや考えなどは様々ですがこの場を通じてより多くの方に東日本大震災は終わった訳ではなく今も続いている現実を知って頂くきっかけになったと思います。

自分では解決できないから手を付けない。ではなくまずは周りに意見や震災の事について話し合うだけでも復興に繋がる第一歩だと感じました。

自分ごとではありますが、ラジオという媒体に携わりながらも何も出来ない歯がゆさを感じながら過ごしてきたこの1年、改めて発信していく側として真実を、より正確な情報を発信していく見極めをすべきだと痛烈に感じました。

放送では万華鏡で被災地復興を支援する万華鏡コミュニケートの藤尾まさよさん、以前番組にもご出演頂きました語らいの場「ぶっちゃけ問答」を開催する小野山 浄慶寺 中島浩彰住職、福島出身でシンガーのYammyさん、ARTCOMPLEX1928の城戸遥さん、劇団オレと松本の伊藤純也さん、元アシスタントのふにゃここと、村上彩夏さんに加わって頂きお届けしました。

Ustream映像はこちらからご覧頂けます。









Video streaming by Ustream

画像 374.jpg
万華鏡コミュニケート代表 藤尾まさよさん
http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20110531000129

画像 375.jpg
小野山 浄慶寺 中島浩彰さん
http://www.jyokyoji.com/

画像 370.jpg
シンガー Yammyさん
http://lovesound.jp/

公開生放送ということでイレギュラーな事態やスタッフが少数な中
バタバタではありましたが無事に終えることができました。

特別企画を含め、皆さまから頂いたお声を胸に
京都三条ボンズカフェはこれからもより多くの方に
確かな情報を発信していけるようお送りしていく次第でございます。

この機会に京都三条ボンズカフェにお越し頂いた皆さま、
Ustreamからご参加頂いた皆様ありがとうございました。

スタッフ村山
---------------------------

生放送時にはUstreamも配信しております。
ラジオカフェUstream

facebookボンズカフェページ

番組では曲のリクエストや
「和尚さん聞いて〜」、ご意見、ご感想、など
お待ちしております。

3月のテーマは
「いま一番心配なこと」です。

宛先は
E-mail info@radiocafe.co.jp
fax:075-253-6901

までお寄せください。

posted by ボンズカフェ at 00:00| Comment(0) | 放送音源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。